仕事ができる人はみんな自分ありの時間÷を持っている

あなたのまわりでも成功しているビジネスマン御一人や二人、知り合いにいることと思います。
彼らは日ごろ、どんな生活パターンをおくっているのでしょうか?

意外とみんな、ある程度ルーティンあkされた生活をおくっていませんか?
みんな生活パターンを決めてそのスケジュールで動いいています。
例えば
夜は10時に就寝
朝は6時に起床
土日も同じ時間威寝て同じ時間に起きる
7時すぎには出社し、朝まだ誰も他の社員が出社してくる前までにひと仕事を終えている。

こんなルーティーンで仕事をされている方はみんな成功しています。

起きる時間
就寝する時間
それをパターン化して常にそのサイクルで動いているのです。
これなら、毎日がいつも同じ能力が発揮できます。
二日酔いのことも無ければ寝不足で頭がぼんやり
そんなことはありません。

みんな自分の時間割を作ってその通りに動いているのです。

さらにはその中でさまざまなに時間を割り振っています
・仕事として優先的にやるべきこと
・将来のためにやるべきこと
・プライベートでやりたいこと
常に定期的に見直しが必要ですが、それらのことをその時の優先順位に従って割り当てていきます。

この自分独自の時間割がないとどれもが中途半端になってしまいがちです。

ある経営者は人間ドックで見つかった糖尿病
それを解消するために朝夕のジム通いを時間割に入れました。
その後、数か月愚直に運動する習慣を続けました。
翌年の人間ドックでは糖尿病が大幅に改善されていたそうです。
これも、「ジムに通う」と決めたからにその時間割を作って
何曜日の何時から何時まではジムで運動する時間
と時間割通り生活したからだと思います。

「いつでも自由に仕事や勉強をする」
そんな時間割りのない生活パターンでは人間はすぐに継続という習慣が作れません。
一度決めた時間割なら、今日は何を優先的にするか?
いちいち悩まなくても済むのが大きなメリットでもあります。
何をするかはその曜日と時間で決まっている
これが無駄な時間を少なくする極意でもいあります。
ロレックス形見 ボロボロ

投稿日:
カテゴリー: 未分類

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です